ホントの投資の話

これ知らないとカモられる…

「 伝説 」の手法をバックテストしてみた…

「 新逆張り空中浮遊法 」というバイナリー手法をご存じでしょうか?

 こちらです ↓


聞いた話、「 伝説 」らしいです。このバイナリー手法…

どれだけ凄いのか、この「 伝説 」の手法を調査してみました。


「 Tick Data Suite 」の「 FXCM 」と「 Dukascopy 」の 2つのブローカーの

 ヒストリカルデータを使い、一切 期間を端折らずに 全期間 をバックテストしました。

リアルに限りなく近いバックテストです。

 

● FXCM

 ⇒「 FXCM 」は、 CHFJPY、GBPAUD、XAUUSD(Gold)の 3通貨ペアは、
  「 Tick Data Suite 」では扱っていないのでバックテストができないため、
   以下は、15通貨ペア の各バックテストをマージした損益グラフの画像です。

 

● Dukascopy

 ⇒ 以下は、18通貨ペア の各バックテストをマージした損益グラフの画像です。

 

※詳細な各通貨ペアのバックテストもこちらで確認できますので是非ダウンロードください。↓
http://indicator.mond.jp/kuchu_fuyu/backtest.zip

 

この「 新逆張り空中浮遊法 」の私の評価ですが、

ユーチューバーの方は、ものすごく自信満々に語っておられますが、

バックテストの損益グラフの通りです。 お話になりません!


「 伝説 」なんて、所詮こんなものです…

世にある投資情報がどれだけいい加減かお分かりいただけたのではないでしょうか?


しかし、このユーチューバーの方は、よく噛まずにあーも滑らかに口が回りますね(笑)

科学的根拠が無いご説明を…

 

  

「 孤独のバイナリー 」は自動売買できる?できない?

孤独のバイナリー 」は自動売買できる?できない?

というお問い合わせがありましたので、自動売買が可能かを確認したという記事です。


まずは結論からですが、

市販の自動売買ソフトと連動させることにより「 ハイローオーストラリア 」で自動売買が可能です。

以下の「 ハイローオート 」で自動売買可能かを確認しました。
「 ハイローオート 」の「 HighLow15分の5分後判定 」の設定で問題なく自動売買できました。

 

https://fx-ea-labo.com/highlow-auto

https://fx-ea-labo.com/operating-manual


ちなみに、「 孤独のバイナリー 」の 矢印サイン のバッファの割り当ては以下になります。

・ バッファ 0 → 上向き矢印
・ バッファ 1 → 下向き矢印


恐らくですが、矢印サインのバッファを取得し稼働する仕様であれば、
「 ハイローオート 」以外のその他の市販の自動売買ソフトでも動作すると思います。


※以下、ご注意点 です。


●  自動売買での「 孤独のバイナリー 」のご利用は、二次的利用になりますし、
  何より、動作につきましては自動売買ソフトの仕様によるところですので
  動作保証やサポートは一切お受けできません。予めご了承ください。


● 「 ハイローオーストラリア 」は、自動売買を禁止しておりますので、
  勝率の高い通貨や時間帯だけに絞って運用するなどの口座凍結されない工夫をされてください。
  万が一、口座凍結などの損害や不利益が発生したとしても、
  こちらは一切の責任を負うことはできません。予めご了承ください。


●  今回のブログ記事は、「 孤独のバイナリー 」は自動売買できる?できない?
  というお問い合わせに対して、技術的情報をお伝えしたまでです。
   「 ハイローオーストラリア 」にて 自動売買 を推奨しているわけではありません。
  予めご了承ください。

 

 

ダサい商品ページはお嫌いですか?


昨日、古くからのユーザー様で Web制作会社を経営されているという方から連絡があったのですが、

いろいろおっしゃっていたのですが、要約すると、

孤独のバイナリー の商品ページを集客が見込めるもっとプロらしくカッコよくしませんか? 」

という様な内容でした。

しかし、丁重にお断りしました。

・ 当たり前ですが、有料だったこと。(かなり高額でした)

・ 正直、いろいろ検討するのが面倒だった。

というのが理由です。

それに、「 プロらしくカッコよく 」って…

いったい私は何のプロ? だと思われているんでしょうか?

トレーダーで、MQLプログラマーですが(笑)


確かに、現在の商品ページは私自身で作ったもので、

もちろん素人なんでめっちゃダサいのは分かってます(笑)

でも、私が言いたいことは現在の商品ページで全てお伝えできていると思っているのでいいかなと。

別のやりたいことにお金と時間を割きたいですし。

皆さん、やっぱり、ダサい商品ページはお嫌いですか?


ところで、話を変えますが、

少し前に、商材購入の検討者と称して、多くの商材の販売者にライセンスについて

どの様に販売されているかを質問してみました。


結果は、まったくライセンス管理されていないという商材がかなり多かったです。

つまり、「 何台のパソコンでも、何台の MT4 の口座でも、誰でも使い放題 」という状態です。

それはもうデザインがカッコイイ商品ページで誇大広告ギリギリの儲かるアピールと自信満々の

高額商材がです… かなり衝撃でした…


そんな自信満々の商材が流出してもいいのでしょうか?

やっぱり、どうでもいい価値の無いノウハウやツールを高額でバラまいているんだろな…

と私は思いました。


確かにデザインや魅力あるランディングページには心が躍ります。

しかし、見た目やカッコイイでトレードが勝てるわけではありません。

投資系商品の絶対的価値は、「 科学的な根拠があるかどうか 」です!

そして、本物なら、流出してもいいような販売の仕方は絶対するはずがありません。


ちなみに、私の「 孤独のバイナリー 」のライセンス管理ですが、

「 WEBライセンス認証システム 」にて、もちろん、しっかりとライセンス管理をしています。

そして、ユーザー様の環境と、今後の環境の変化にフレキシブルに対応できる自由度の高い

ライセンス管理方法を採用しています。


どなたか無料でカッコイイ商品ページにしていただける方、募集中です。

 

 

かなりヤバいです… この実績… 

下の画像は、私の知人に私のバイナリーインジを渡したら…

1年間で 元手100万円 ⇒ 7,300万以上になってしまった実績です!

※一部、ロジックの漏洩防止とプライバシー保護の観点で非表示にしています。

※画像を2回クリックいただくと拡大して見れますので、じっくりご確認ください。


しかも、1年間、毎月50万円ずつ出金してたのに 7,300万以上の口座残高だということが

ヤバすぎです!!

下の画像は、出金履歴の証拠画像です。

※一部、プライバシー保護の観点で非表示にしています。

※画像を2回クリックいただくと拡大して見れますので、じっくりご確認ください。


     ・
     ・
     ・

すみません… この実績は全て嘘です… フェイク画像です。

このフェイク画像は 私が「 フォトショップ 」で捏造しました。ごめんなさい。

でも、結構よく作れているでしょ?

 

リアルの実績だと言われてこの画像を見せられて、

「 この商材を使えば誰でもこの実績と同じ様に稼げるよ♪ 」

と言われたら、結構な人がちょっと高くてもその商材が欲しくなっちゃいますよね?


まー、勘のいい人は「 フェイク画像? 」と感づいて手を出さないでしょうけども、

WEB製作のプロなら、バイナリー業者のサイトそっくりに嘘サイトを構築できるので、

その嘘サイトを、あたかも自分の口座を操作して実績を披露しているような動画を撮影

するという詐欺師の中の詐欺師がいますので、

そんな動画見せられたらほとんどの人がその商材欲しくてたまらなくなるでしょうね。

 

結局、どんなデータも不正に捏造や偽装が簡単に出来てしまうということです。

残念ですが…


皆さん、気をつけてくださいね。

 

 

本当に信用できるバイナリーオプションのバックテストとは…

皆さんは、どこの業者でバイナリーオプションをされていますか?

私は、「 ハイローオーストラリア 」という業者を使っています。

 一番有名だから とか、一番人気だから という理由ではありません。

「 ハイローオーストラリア 」しか、バイナリーオプションで勝てる明確な確証を得ることが

できないからです。

どういうことかと言うと・・・


「 ハイローオーストラリア 」以外の業者は「 配信レート 」の所在が不明です。

恐らく、ほとんどは その業者独自のレートだと思います。

例え、「 配信レート 」の所在が分かったとしても、その「 配信レート 」の 

「 ヒストリカルデータ 」が入手できないので、

どんなに「 有効そうなロジック 」であっても、その業者で本当に機能するか?

のバックテスト検証ができないため、「 有効である! 」という明確な確証が得られません。

巷では、「 FXDD 」や「 Alpari 」などの「 他業者の ヒストリカルデータ 」で

バックテストを行った、それはそれは素晴らしいパフォーマンスの 矢印インジ や ツールを

多く見かけます。

そして、そんな 矢印インジ や ツール でトレードしている人を多く見かけます・・・

なぜ、信じたの? 信じた根拠は? と私は問いたいです。

「 配信レートのプライスは業者が決めていて、業者によって違う! 」ということを

ご存じないのでしょうか?

以下の動画をご覧になってみてください。↓

( 投資系ユーチューバーの JINさん の動画です。すみませんお借りします。 m(_ _)m )



つまり、「 他業者の ヒストリカルデータ 」でのバックテストでは、

いくら素晴らしいパフォーマンスだったとしても、

業者が違えば、機能するか、機能しないか、まったく不明である。ということです。

私なら、そんな有るようで無いような「 不明確な根拠 」でトレードはしません。

恐ろしすぎます・・・


一方、「 ハイローオーストラリア 」の「 配信レート 」は、

「 FXCM 」というブローカーの「 為替レート 」が採用されており、

「 ASK と BID の中間値である MIDレート が 配信レート 」です。



そして、「 Tick Data Suite 」という 超高精度のバックテストツール を利用すれば、

https://eareview.net/tick-data-suite

「 リアルな ASK と、リアルな BID の各レート 」を利用したバックテストが可能なため、

「 ASK と BID の中間値である MIDレート 」で 勝敗判定が可能です。



ちなみに、「 Tick Data Suite 」を利用しない 一般的なバックテストの場合、

「 BIDレート 」にて 勝敗判定するしかなく、

バイナリーオプションの配信レートの実態に即していないため、

「 Tick Data Suite 」を利用しないバックテストは信用できません。


つまり、「 ハイローオーストラリア で勝てる明確な確証を得る 」ためには、

「 Tick Data Suite 」の「 FXCM 」でのバックテストで、

且つ、「 ASK と BID の中間値である MIDレート 」で 勝敗判定したバックテストで、

「 有効である! 」ことを確認することが必須条件ということです。


というわけで、私は、上記の条件で検証し、

「 ハイローオーストラリア で勝てる明確な確証を得ることができたロジック 」を持っているため、

「 ハイローオーストラリア 」という業者でしかトレードしません。



逆に、もしも、将来、「 ハイローオーストラリア 」の「 配信レート 」の所在が不明になったり、

「 ヒストリカルデータ 」が 入手不可能になった場合、私はバイナリーオプションを止めるでしょう。

勝てる明確な確証がないのにトレードするような 馬鹿はしません。

そんなの トレーダー ではありません。ただの ギャンブラー( 博打打ち )です。


ちなみに、「 FXCM 」というブローカーは、以前、「 FXCMジャパン 」が日本にありましたが、

2015年に「 楽天証券 」に吸収合併されましたので、現在の「 楽天証券 」の「 為替レート 」が

「 FXCM 」の「 為替レート 」かは不明です。

ただ、「 FXCM 」は、米国に本社を置き、今でも、MT4 で デモ口座 のチャートが利用できます。


以下のサイトで、「 FXCM 」の MT4 の デモ口座 の申請方法をご紹介されておられます。 ↓

https://tradedekasegu.info/fxcmkouzakaisetu-2577


ただし、現在は、「 FXCMMarkets-Demo 」というサーバーは存在しませんし、

「 FXCM 」は 米国が本社だということですので、以下の様な情報がありますし、

サーバーは「 FXCM-USDDemo01 」を私は使っています。 ↓

https://datsusara.net/2019/06/fxcm-mt4-chart/


以上です。


今回の記事は、「 バイナリーオプションで勝つための 私の考え 」を纏めたものです。

「 ハイローオーストラリア 」という業者を勧めているわけではありません。

皆さん、信用できる確かな情報を集め、分析し、しっかり考えて、

勝てる確率を高めてトレードをしましょう!

 

※このブログ記事の情報は現在でも有効です。( 2021.02.20 追記 )